スポンサードリンク



肌のハリ、肌弾力の秘訣A

 コラーゲンを作るには繊維芽細胞を元気にすること





 肌の繊維コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などなど。お肌によいと
いわれているこれらは繊維芽細胞から出来ています。

 繊維芽細胞を元気にする繊維芽細胞成長因子という物質があります。

 これはヒトプラセンタ(胎盤エキス)に含まれているもので、赤ちゃんは
たっぷりもっています。
 
 ヒトプラセンタが肌のハリへの近道。

 しかし、――一般的ではありませんよね。@(´・ェ・`)@ ショボーン


 継続できないものは美肌づくりに意味はありません。
 繊維芽細胞が活躍するためには

 ビタミンC

 そして

 銅

 そして

 血液サラサラです。

 血液サラサラでないと、そもそも肌づくりに必要な栄養を細胞が受けとる
ことができません。
 美肌は血液サラサラからはじまります。

 ビタミンはCはコラーゲン作りに欠かせない材料です。
 アミノ酸をコラーゲン用に変換する時にビタミンCが必要です。

 この銅がないと繊維芽細胞がはたらけません。

 ビタミンCと銅。
 血液サラサラでシーツの跡のつかないぷるぷる肌を作りましょう。


しみ・そばかす、日やけなどによる色素沈着を緩和ビタミンC1000mg/ハイシー1000細粒(お徳用サ...










肌のハリ、肌弾力の秘訣@

 朝起きて、肌からシーツの跡がとれない人は(T-T)


 肌のハリが衰えてきたら、肌を作る繊維芽細胞を元気にして
やらなくてはなりません。






 肌の組織にはご存知コラーゲンという繊維。
 エラスチンという弾性繊維。

 これらがクッションを編んで肌の弾力を保ってくれています。

 さらにヒアルロン酸
 コンドロイチン硫酸
 ヘパラン硫酸
 水

 これらがコラーゲンやエラスチンのまわりを満たしてくれています。

 このコラーゲンなど五つの成分はすべて繊維芽細胞が作るもの

 繊維芽細胞さえ元気に、これらを作りつづけてくれれば、ハリのある肌
弾力のあるぷるぷる肌が保たれるというわけなのです。

 では
 繊維芽細胞を元気にするのはなんなのか――







肌弾力のためには銅

 コラーゲンだけじゃダメ。コラーゲンをつなぐもの


 シワのない肌、ハリのある肌のためにはコラーゲンが大事。
 でも、コラーゲン単独では役にたちません。(゚Д゚)クワッ

 
 お肌の繊維芽細胞はコラーゲン分子をつくって、皮下に
送り出してくれます。

 コラーゲンはうすいクッションのようなもの。

 コラーゲン分子はたくさん重なり合ってこそ、弾力のある
肌をつくってくれるのです。

 このコラーゲン同士を結びつけてくれる酵素があります。

 リジルオキシターゼという酵素ですが、この酵素を活性化させるのが
ミネラルの「」。

 銅が不足するとコラーゲンが不足して肌弾力がうしなわれてしまいます。

 コラーゲン摂ってるのになぜかシワ効果がいまいち、という方
 ミネラルが不足してませんか?

 銅は貝類にたっぷり含まれています。
 レバーやココア、チョコレートにも、海苔にも♪







コラーゲンを増やすにはビタミンC

 コラーゲンは飲んでも塗っても吸収されない


 コラーゲンの分子は大きくて肌の上から塗っても吸収されないそうです。


炭火焼き鳥もも肉串タレ


 また、コラーゲンは食べただけではそのまんまコラーゲンにはなって
くれません。(゚∀゚)

 食べた後、コラーゲンは一度分解され、再合成されます。
 しかし、再合成の能力は加齢とともに衰えてしまうのです。



 さて、コラーゲンをせっせと作るには――。

 コラーゲンを作るのは、繊維芽細胞という細胞です。
 
 この細胞がコラーゲンを作るには、アミノ酸「プロリン」を
「ハイドロキシプロリン」に変換しなければなりません。
 
 この時、酵素が必要になります。
 この補酵素としてはたらくのが、ビタミンC。
 
 ビタミンCがたっぷりあるとコラーゲンがたくさん増えて、弾力のある
肌、シワのない肌が作りやすい
のです。

 なお、オリーブ茶のオリウロペインもコラーゲンの合成能力を高めて
くれますよ。(* ̄∇ ̄)ノノ

ローズヒップ(バラの花)ローズペタル(バラの実)を配合速くてゴメンSuper




オリーブ茶100%リーフタイプ50g







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。