スポンサードリンク



目のクマをとるコツカテゴリの記事一覧

目のクマ、じつはマスカラ?!

 若い子の目のクマ、じつは血行不良のクマではなく、
化粧品の色素が肌についている可能性があるそうです。

 マスカラやアイライナー、アイブロウに使われる
カーボン(炭)は肌につくと色素沈着をおこしやすく
目のクマやくすみのようになってしまうことがあるとか。

 とくに目のまわりの皮膚は薄くて化粧品を吸い取り
やすい部位なのだそうです。
 色のついた化粧品は原料に金属や顔料が入っています
から、くっついちゃうと大変。

 若いのにナゼ、目のクマが、という方、アイメイクを
しっかり落としましょう。
 取れない部分は綿棒をつかったり、きっちり時間をかけて。
 シャドウをつける時は最初にクリームで保護膜をつくって
置くといいそうです。






目のクマを即効治す

 目のクマ、くすみを取るホット・アイパック

 目のクマは疲労から血流が悪くなっている状態を
あらわしています。
 血流をよくすれば、目もとが明るく元気に。

 時間のない時は承泣(しょうきゅう)というツボを
押すと目のクマは改善します。
 承泣は、黒目のまっすぐ下、骨のきわにあります。
 目に注意しながらそっと刺激。
 目のクマが明るくなります。

 夜など時間があるようでしたら、ホット・アイパックで
目のクマと疲労物質がとれます。
 ハンドタオルをやや熱めのお湯につけてしぼり、
(やけどしない程度)目の上に乗せます。
 
 目の筋肉をゆるめ、血行をよくし、たまった疲労物質を
追い出す効果があります。

 週末、目のクマが出来て、気分が冴えないという時、
どうぞお試しを。(* ̄∇ ̄)ノノ






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。