スポンサードリンク



日焼けした人のシミ対策

日焼けしてしまった! でも、だいじょうぶ


日焼けしてしまうと紫外線でコラーゲンやエラスチンが破壊され、
減ってしまいます。

もちろんシミ爆弾もたくさん誕生。ヽ(`Д´)ノ

若いうちなら日焼けしても回復力はありますが――。


日焼けしてしまったら、ビタミンC

日焼け直後はとくに多めに摂りましょう。
日焼けのダメージを回復し、シミのメラニン増殖を抑えてくれます。

ビタミンCには漂白作用があります。分子が小さいので肌からも吸収
専門医のシミとり治療の現場でも、レーザーで摂れなかったシミなど
にビタミンCを使っているんですよ。

飲んでも塗ってもシミ抑制効果のビタミンC。
ビタミンCがたっぷり含まれているぬか袋などもオススメです♪






紫外線対策には、亜鉛

 不足すると肌荒れになるミネラルは?!


 肌はたえず紫外線や化粧品、花粉などの影響にさらされています。
 ほうっておくと活性酸素が発生してボロボロに肌荒れしてしまいます。

 この活性酸素がうまれるのを防ぐ酵素があります。

 そこに含まれるミネラルが亜鉛


 亜鉛は、活性酸素によるダメージをふせぎ、細胞を保護する働き――
肌荒れを防止する働きがある
のです。

 紫外線の季節はとくに大活躍の亜鉛ですが、なんと汗や尿でかなりの
量が排出されてしまいます。
 汗をかきやすい季節はとくに肌荒れの危険が増えてしまうのです。


 紫外線の季節、日傘や帽子はもちろん大事ですが
食事でミネラルをとることにも気をつけましょう。

 亜鉛は海藻や貝類、レバー、アーモンド、卵黄などに含まれてます。

カキにもたっぷり。レモンをつけると尚GOOD!
仙鳳趾産 幻の牡蛎


 
 ついでながら、お酒を飲むとさらに亜鉛が流れていってしまいます
 お酒の飲みすぎも肌荒れの敵ですね。






日焼けを鎮めるヨーグルトパック

 日焼け、皮膚の炎症を鎮めるにはヨーグルト!

 トルコの人々は日焼けをしてヒリヒリ傷む時、ヨーグルトで
患部を冷やします。
 日焼けした肌にひんやりとして、湿布を貼っているように
うずきや火照りをやわらげるそうです。

 ヨーグルトはもちろん食べても美肌効果。
 ヨーグルトはシミやそばかすの改善に効果があるといわれて
います。
 肌の老化をふせぐ乳酸菌、肌の再生に役立つタンパク質、
カルシウム、ビタミンB2がバランスよく含まれているので、
日焼けで荒れた肌の再生にも強い味方。
 
 日焼けにぬってよし、食べてよしのヨーグルトが便利です。


 ところで日焼けついでに、こんがり焼きたい方に
ベネズエラ発のこんな不思議情報。

 
こんがりきれいに日焼けするには

 なんと、ベネズエラではコーラを塗るとのこと。
 均等に薄くぬるのがコツだそうです。

 ミス・ユニバースの大量発生国、ベネズエラの知恵。
 マネする方は自己責任で(゚∀゚)






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。